いちご鼻を目立たなくするメイクの方法

いちご鼻を目立たなくするメイクの方法をご紹介します。

Mai 30代女性

ill-check-w2-l

小鼻に出来た黒いブツブツとしたいちご鼻を、上手に隠してメイクする方法がないでしょうか。

いちご鼻を気にするあまりファンデーションを厚塗りしている人も多いのですが、ファンデの厚塗りは近くで見るとすぐにバレてしまいます。

また厚塗りすると、化粧の崩れも気になりますし汗をかくと皮脂で黒ずんで余計目立つようにもなってしまうんです。

私が日頃気をつけていることは、気になる部分があるのならベースをしっかり作るということです。

まず朝はきちんと洗顔をします。

朝は洗顔しないという人も多いかと思うのですが、いちご鼻になりやすい人は朝起きた時点でおそらく小鼻あたりがベタついているはずです。

ですのでTゾーンはたっぷりと泡をつけて洗います。

そして次に化粧水と乳液で肌を整えます。

皮脂が多くて乳液が崩れるという場合には化粧水を多めに使ってみてください。

水分不足から皮脂が多いことも考えられます。

次に化粧下地は丁寧につけます。

下地はカバー力の高いものを使いますが、厚く塗るのではなく薄く広げるだけです。

イエロー系のコントロールカラーは毛穴の黒ずみなどのカバーも出来て便利ですが、たくさん塗らずに指先でぽんぽんと置く程度で十分です。

ファンデーションはマットなタイプのほうがカバー力があるのですが毛穴を埋めてしまうと黒ずみが悪化しますので、いちご鼻が気になるのならパウダータイプがおすすめです。

ベースメイクを丁寧にすることと、ファンデを薄塗りにすることで、いちご鼻はほとんど目立たなくなります。

毛穴をしっかり埋めるメイクではなくて、薄化粧を続けることで薄化粧でも大丈夫なお肌になります。

日中にどうしても気になってしまう時には、あぶらとり紙などで油分を取る程度がベストです。

気になってメイク直しすると、いちご鼻は悪目立ちしてしまうからおすすめできません。

みか 40代 女

ill-yorokobi-w3-l

学生時代ずっとにきびに悩まされ、ニキビ跡が大きな穴になって残っています。

1番ひどく目立つ場所はやっぱりいちご鼻と言われている鼻の部分です。

今でも脂性の肌の為、化粧崩れもひどくいちご鼻はとても気になります。

朝、出勤途中に車のルームミラーで自分の顔を見ると朝日を浴びて明るいという事もあり、毛穴の開きやいちご鼻が目立ちます。

きれいに隠れていない時は、その日1日が憂鬱になってしまいます。

いちご鼻を目立たなくするためのポイントは2つあります。

1つは、スキンケアを手を抜かずしっかりすることです。

毛穴に角栓が詰まった状態ですとどんなに化粧で隠そうとしても隠すことが出来ません。

しっかり汚れを落とすクレンジングをし洗顔も丁寧に洗い、しっかりすすぎます。

化粧水、乳液で水分を補い保持することで脂浮きがあまりしなくなります。

脂分の多い鼻の部分はどうしても乳液は余計ベタベタするのではないかと抵抗がありますが、水分が保持されないと脂浮きをどうしてもしてしまうのでしっかり塗ることをお勧めします。

しっかりスキンケアが出来ていると毛穴も目立たなくなります。

2つ目は下地をしっかり塗ることで毛穴を目立たなくすることです。

朝、起きるのが遅くなり化粧をする時間さえない時などは下地クリームをさぼってしまうことがあります。

そんな時は、全く肌のデコボコやニキビ跡が隠れていなくて化粧をしてもとても汚い仕上がりになっています。

下地を厚く塗ればよいというわけではなくベタ塗りしないでポンポン叩くような感じで下地をなじませるのがコツです。

これは、結構手間がかかります。

でも、朝しっかりと下地を丁寧に塗ることにより、いちご鼻や毛穴の開きが目立たない肌に仕上がるのです。

仕事柄化粧直しがあまりできません。長持ちさせるためにはスキンケアと朝の下地を丁寧にすることです。

みかん 40代女性

ill-douzo-w1-l

イチゴ鼻を目立たなくするメイク方法として、まずはお肌を清潔に保つという事から始めます。

イチゴ鼻になるのは毛穴に皮脂がたまり黒ズミができたり、毛穴が感想などで広がり、毛穴が目立ちます。

ですからまずは保湿をしっかりとしてあげることが大切です。

保湿をしっかりとし、毛穴の汚れを浮き出し、入念にクレンジングをし、しっかりと泡立てたふわふわのあわで優しく洗顔します。

きれいになった素肌にお化粧水をしっかりとパッティングし、水分を中に入れる感じで押し込みます。

水分をしっかりといれましたら、乳液でふたをします。

まずは基礎化粧からケアしていきます。

それから下地クリーム、ファンデーションを塗りますが、どちらも鼻には絶対にこってりとは塗らないようにします。

薄く薄く、パッティングするように優しく塗っていきます。

ファンデーションも必ず薄付きで大丈夫です。

濃くこってり塗ってしまうと時間が経って自分の皮脂が浮いてきたときにぱっくりと毛穴が開き、その毛穴にファンデーションが埋まっていってしまいます。

そして、薄く塗り終えた肌にお粉をパフで優しく上から抑える感じにはたいていきます。

イチゴ鼻は毛穴の開きから汚れがたまってなる傾向があるので、基礎化粧、落とす作業、などが基本で大事になります。

先日、イチゴ鼻の専門のお店を見つけて行ってまいりました。

そこでもまずはクレンジングできちんとメイクを落とします。

もちろん蒸気をあてながら、ゆっくりと落としていきます。

その後、吸引をしてくださいました。

吸引で、鼻の毛穴の皮脂を吸い取ってくれ、その後引き締め効果のシートパックをのせて10分、その後完了し、化粧水で引き締めて抑え、お化粧をします。

毛穴の汚れをごっそり取ってもらえた感じでスッキリとお鼻もお化粧ノリが良くなりました。