ビーグレンとライスフォースを加齢による乾燥肌対策に使ってみた

若い頃に日焼け対策をきちんとしなかったことが裏目になってしまい、40歳を過ぎたあたりから急激に肌の老化が始まってしまいました。

主な症状として顔全体のお肌の乾燥で、この乾燥が目の小じわやおでこのしわ、ほうれい線など多くのトラブルを引き起こし肌の加齢をまざまざと突き付けられているようで気持ちも落ちていました。

こういった加齢による乾燥肌をしっかり手入れして保湿をすることがお肌のエイジングトラブルにブレーキをかけてくれるという事をネットで知りました。

早速アンチエイジングの保湿効果には定評のあるビーグレンとライスフォースのお試しトライアルセットを注文して両者を比較してみました。

ビーグレンもライスフォースもお値段的にはあまり大きな差は無いですし、どちらも研究し尽くされた美肌保湿作用が期待できるもので、一見使用してもそれほど効果の差はなさそうな気がしていました。

まずビーグレンの乾燥保湿ケアトライアルセットから試してみる事にしました。

 
ビーグレンは、乾燥保湿だけでなくニキビ肌用やホワイトニングケア、目元ケア、毛穴ケアなど各肌トラブルに特化したラインアップになっているので自分の肌に求めているケアをしっかり行う事ができるのがよいと思いました。

thumb_www_bglen_net

私が使用してみた乾燥保湿用セットにはクレイウォッシュという洗顔料と保湿ローション、そしてビタミンCが配合されたセラム、モイスチャー美容クリームなどお肌の潤いを取り戻すスキンケアがしっかりと出来る製品がセットになっています。

クレイウオッシュで毛穴の奥の汚れまで綺麗におとしながら、うるおいは残し、さらにセラムやモイスチャークリームでしっかり水分を肌に閉じ込める事が出来、とても優秀な保湿ケア製品だと思いました。

使い心地もとてもさっぱりしていて肌にベタつきが残りませんが、お肌のうるおいはしっかりキープ出来るので、ビーグレンで朝のお手入れをした後は、夜までしっかりうるおいが保てるので保湿効果に関しては最高だと思いました。

これはうるおいをより肌に浸透させる効果があるビタミンC誘導体が含まれているからだと思います。

またヒアルロン酸も配合されているのでまさに鬼に金棒という感じなのですね。

うるおいを逃さ無いビーグレンにはとても満足でした。

 
一方ライスフォースのトライアルを始めて感じた事は、朝の洗顔後のライスフォースでのスキンケアをした直後は本当に肌のうるおいが素晴らしく、もちっとした肌になりライスパワーエキスの保湿効力をとてもはっきりと実感出来ました。

thumb_www_riceforce_com

しかし長時間経って夕方あたりになると、肌のうるおい感が急激に失われていくのを感じました。

つまりライスフォースには強力な保湿効果のあるビタミンC誘導体やヒアルロン酸成分が配合されていないために長時間の保湿維持は、やや弱いということがあるのだと思います。

お肌への馴染みやうるおい効果は非常に良いので気に入りましたが、長時間効果持続についてはやや残念という印象でした。

 
以上のことから、わたしにはビーグレンの方がお肌の保湿効果は高くて非常に良いと感じられました。

肌質によっては逆の使用結果の場合もあると思いますから両方トライアルでしっかり比べてみて自分により効果が見られる方を選択するのが大切だと思います。

まりあ 40代女性

ビーグレン ←クリックかタップをすると公式サイトに移動します。

ライスフォース ←クリックかタップをすると公式サイトに移動します。

しわ・たるみ対策化粧品ランキング

この記事はもう読みましたか?