ビーグレンとアンプルールのラグジュアリーホワイトの比較

ビーグレンとアンプルールのラグジュアリーホワイトの比較です。

thumb_www_bglen_net thumb_www_ampleur_jp
ゆま 30代女性

ill-check-w1-l

シミ、ニキビ跡が酷くて、長年コンプレックスを抱えていました。

美白ケアの定番商品、ビーグレンホワイトケアとアンプルールラグジュアリーホワイトのトライアルセットを使用してみての感想は、

私的には圧倒的にビーグレンの方が効果を実感する事が出来ました。

どちらの商品も美白には欠かせないハイドロキノンが配合されていますが、ビーグレンの方が優れていたと感じた理由は、とにかく浸透力が高い事!です。

使用してみてすぐに違いを感じました。

 
化粧水を肌に馴染ませた時点で、吸い付くような感覚できちんとお肌に美容成分が浸透されているな、という実感を感じました。

初めて使用した日の翌朝、肌のトーンがパッと明るくなっている事に感動!

くすみが目立たず、毛穴の開きも使用前に比べて目立たなくなっていました。

 
たった1回の使用でこんなにも目に見えた効果を感じる事が出来た基礎化粧品には今まで出会っていなかったので、とてもテンションが上がりました。

トライアルセットを使用し終わった頃には、他人からも肌の調子の良さを褒められるくらいに効果が現れました。

とても信頼できる商品だと確信したので、そのまま定期購入して現在も使用し続けています。

 
一番の悩みだったニキビ跡の赤みが改善され、スッピンでも自信を持って人前に出られる様になりました。

口コミの高評価はなんとなく胡散臭く感じてあまり信用していなかったのですが、ビーグレンに関しては本当に効果を実感する事ができました。

もっと早くに使用していれば…と本気で思います。

みるくぱん 30代女性

ill-douzo-w3-l

口コミで話題の美白ケアコスメのトライアルを比較してみました。

まずはビーグレンです。

ビーグレンはCセラムが特に気になっていて、お試しセットにはこのCセラムも入っているのでお得だなと思いました。

朝Cセラムを使うことで、1日中メイクが崩れないのでとても重宝しています。

夜はシミの気になるところには重ねてつけたりしてシミが薄くなることを期待していますが、肌が若干乾燥しやすくなっているような気がしています。

 
以前にビタミンC配合のローションで肌が乾燥したことがあったのですが、メーカーに聞いてみるとやはり肌が乾燥する可能性はあるみたいです。

しっかり保湿してから使えば問題ないみたいですが、乾燥しないビタミンC配合の美容液も他のメーカーさんだったら販売しているので、ちょっと残念です。

ただニキビにはすごく効果を感じられました。

赤いニキビが小さくなりましたし、ニキビもできにくくなりました。

特にフェイスラインや顎のニキビが発生しにくくなったのと、白ニキビが赤ニキビになる前に改善されるのが良い点と思います。

ニキビも解消したいという人の場合、ビーグレンは良いかもしれません。

 
もう1つはアンプルールです。

アンプルールのラグジュアリーホワイトコンセントレートはトライアルキットにセットで入っている美容液で、色素沈着を薄くしてくれるハイドロキノン配合とのこと。

ビタミンCよりももっと高い美白効果を期待できそうだなと使う前からワクワクしていました。

一番に実感できたのが、小鼻の黒ずみです。

鼻の下が赤いのも気になっていました。

こういった色むらもきれいにできるのが色素沈着にも効果を発揮してくれるアンプルールの美容液と聞いていたのですが、本当でした。

 
1ヶ月使ってみて、だんだん赤みが減って肌色に戻ってきています。

黒ずみも前みたいにファンデーションを重ねてつけなくても目立ちにくくなっているので若干は効果が出ていると実感しています。

シミに関してはまだ時間がかかりそうですが、小さなものは目立ちにくくなってきているので継続すればもっと目立たない状態にはできそうです。

 
ただ、アンプルールはちょっとお値段が高いのでトライアルは試しやすいですが継続していくとなると悩むところです。

金銭的に余裕があって、美白を徹底したい人に関してはアンプルールがおすすめでしょう。

私はアンプルールの方が美白効果も保湿力もあると感じました。

肌質にもよると思いますが乾燥肌の人はアンプルールのほうが向いているでしょう。

daisuke 20代男性

ill-nayami-m1-l

以前から顔にできたシミが気になっていたところ、妻に勧められて幾つかの美容品を使用してきました。

以下「アンプルールのラグジュアリーホワイト」「ビーグレンのホワイトケア」を使用してみた感想になります。

 
まず、アンプルールのラグジュアリーホワイトの使用感について、私はトライアルで試しに購入してみたのですが、私には合わなかったです。

こちらの商品は使われる方との相性によって使用感が大きく変わる品だと思いました。

まず、敏感肌など肌が弱い方なんかは「かゆみ」や「かぶれ」が出る可能性があります。

私の場合は寝る前に美容液をつけて就寝したところ、朝起きると顔がかぶれました。

日を置いて使用した場合にも同様の症状が現れたので「美容液」に関してはそれ以降使用していません。

ただ、「化粧水」の使い勝手に関しては、適度なとろみがあり、保湿する上で非常に良かったのでトライアル分は使い切り満足しています。

結論を言うと、こちらの商品はシミを薄くする目的で購入したのですが、私が使用した限り、効果を得るまでには至りませんでした。

 
次にビーグレンのホワイトケアの使用感について。

最初はトライアルで試しで購入。

使い始めて1、2週間の間は「シミ」が薄くなることに関して特に目立つ様な効果を感じることができなかったのですが、

毛穴の汚れが改善された点や、敏感肌である自分でも使い続けることができたのでトライアル終了後も継続して使用することに。

使い始めてから1 ヶ月程経った頃から徐々にシミが薄くなり、肌が白くなったように感じます。

結論を言うと、2ヶ月使用した現在ではさらにシミが目立たなくなり、非常に満足しています。

ただ、難点として化粧品の匂いに関して、少しクセがあるので匂いに敏感な方は注意が必要だと感じました。

miyu 30代女性

ill-yorokobi-w2-l

30代になりくすみが気になりシミが年々濃くなってきたので、美白ケア商品を使うことにしました。

特に気になったのがビーグレンのホワイトケアとアンプルールのラグジュアリーホワイトです。

両方使ってみることにしました。

 
まずどちらもハイドロキノンが配合されているので、高い美白効果を感じることができそうだと思いました。

しかし、実際に使ってみて二つの違いがわかりました。

ビーグレンのほうが、肌がすぐに明るくなってシミも薄くなったんです。

アンプルールは肌が明るくなったと感じるのにけっこう時間がかかりました。

シミにはあまり効果がなくて、途中でやめてしまったんですよね。

 
ただ刺激が強いのはビーグレンのほうだと私は感じました。

敏感肌なのですがCセラムがちょっとピリっと刺激を感じたんですよね。

我慢できないほどではないのですが。

それに比べるとアンプルールはとても肌に優しくていいなと感じました。

しっかりとすぐにシミやくすみ対策をしたいと思っている人には、私はビーグレンをおすすめしますね。

でも、肌が弱い人はもしかしたら刺激を感じるかもしれません。

 
私は結果としてビーグレンを使ってシミやくすみ対策をすることにしました。

半年間使ったらシミはかなり薄くなりほぼわからなくなりました。

また、くすみも解消されてとても肌のトーンが明るくなり、すっぴんに自信が持てるようになりました。

アンプルールも効果がないことはないので、悪い化粧品ではないと思います。

ビーグレン

アンプルール

↑それぞれクリックかタップをすると公式サイトに移動します。

この記事はもう読みましたか?